日本の名刺交換文化

日本は、海外とは異なり名刺文化が発達しています。
現在、日本では100億枚もの名刺が1年間に消費されていると言われています。
日本ではビジネスツールとして必須アイテムとなっている名刺は、交流する方、全員に手渡しを行います。
しかし、海外ではキーパーソンになる方のみに渡すようになっています。


元々、名刺という存在を日本に伝えたのは、黒船で有名なペリーです。
ここで名刺が日本に伝わり、独特な名刺文化へと進化し、逆にこの名刺文化が徐々に海外に伝わったとされています。
日本の名刺には、名前から連絡先、所属先など必要な情報が記載されています。
中には、自己アピールともなる、写真や絵、一言コメントが記載されているものもあります。
ここまで日本の名刺文化が発達したのには、日本人のコミュニケーション能力の低さがひとつの要因になっているのではないでしょうか。
そのため、名刺を自己の分身あるいは相手の分身として扱わなければならないという教えとともに様々なマナーがあります。


しかし、海外の場合には名刺は単にインフォメーションが書かれている紙切れという認識であり、その場でメモ帳代わりに使用する人もいるほどです。
これは、日本では御法度となり、文化の違いを痛感する場面でもあります。


日本でビジネスをするにあたり、名刺交換のマナーは身につけておかなければならないビジネスマナーです。
そのマナーひとつで、相手からの評価に違いが出てしまうものです。


<管理人特選サイト>
プロのデザイナーによるこだわり名刺の作成が出来る専門店のサイトです ⇒⇒⇒ 名刺作成店

Copyright © 2014 ビジネスシーンにおける名刺 All Rights Reserved.